卵管閉塞との診断を受けると、自然妊娠は不可能だと言われ、体外受精をすすめられるという人が多いと思います。 自然妊娠は不可能だと宣告されてしまったら、誰でもショックを受けますよね。 しかし、本当に自然妊娠は不可能なのでしょうか? 体外受精しか方法はないのでしょうか? 確かに、両方の卵管が完全に閉塞状態であるならば、自然妊娠は難しいかもしれません。 でも、片方の卵管が通っていたらどうでしょう。 まだ自然妊娠できる可能性は残っていますよね。 あるいは、炎症によって卵管内が腫れているといった場合や卵管自体やその周辺の緊張により、卵管が閉塞してしまっていた場合には、自然妊娠できる可能性が全くないわけではありません。 この場合は、鍼灸治療で改善できることもあるのです。 卵管閉塞を患っていたけれど、鍼治療を続けていたら自然妊娠できたという話もよく聞きます。 また、卵管が両方塞がっていて絶望的だったのに、わずかに隙間ができて自然妊娠できたという方もいるそうです。 ですから、絶対に無理なんだと諦めないで、希望を持ってください。